東京をメインに再建築不可などの訳あり物件でも不動産全般買取り

query_builder 2024/06/22
土地戸建てマンション訳あり物件相続

ペットボトル飲料が脳卒中、がん、肝硬変などの

リスクを高める?
その「驚きのメカニズム」


脳卒中だけじゃない


今年の1月から3月にかけて

アメリカで2本の衝撃的な研究論文が立て続けに発表された。


(1〈ペットボトル飲料には大量のマイクロプラスチック

(以下MP)が含まれている〉


(2)〈MPが体内にあると

脳卒中や心筋梗塞を引き起こしやすい〉


この両者を組み合わせて

ペットボトル飲料と脳卒中の関連性を疑い、飲むのをやめる医師が続出しているのだ。


口に入れるたびに少しずつ体内に溜まっていく

MPやナノプラスチック

だが、関連が疑われているのは

脳卒中や心筋梗塞だけではない。


「MPやNPが血管に入ると

血流に乗って血液が集まりやすい

肺や肝臓、妊婦の胎盤などに蓄積される


そこで重篤な疾患を引き起こしてもおかしくない。


とくにNPはサイズが小さくて

体内のさまざまなバリアをすり抜けてしまうので


体の至る所で悪さをしかねません」


実際にドイツのハンブルク大学が行った研究では

MPと肝硬変の関連性が指摘されている。


肝硬変で肝移植を受けた患者の肝臓を調べたところ

全員からMPを検出したものの

同条件で肝疾患がない人の肝臓を検査しても

発見されなかった。


「ペットボトル飲料を通じて体内に入ったMPやNPは

血管に入り込みやすい」と指摘


飲み物から入り込んだMPが血流に乗って肝臓にたどり着き、肝硬変の要因となっている可能性がある。


免疫細胞が死滅していく


これが細菌やウイルスであれば

免疫が適切に働いて異物を排除してくれるだろう。


しかしプラスチックだとそう簡単にはいかない。

「プラスチックそのものが人体にとって毒であるため

排除する免疫細胞の負担が大きい。


ユトレヒト大学の研究によると

MPやNPと接触した免疫細胞は

それ以外の異物を排除する場合と比べて

約3倍のスピードで死滅していくと判明


もし体内に大量のMPが溜まっていれば

それに対処するうちに免疫機能も弱っていくと考えられる


「ペットボトルのキャップには

酸化防止剤のノニルフェノールや

紫外線吸収剤のベンゾトリアゾールといった添加剤が含まれています。


これらが体内でホルモンの働きを乱して

性や生殖に関する異常を引き起こすと考えられる。


男性は精子数が減少

女性なら乳がんや子宮内膜症の原因になりかねません」


さらに多くの疾患を引き起こしている可能性も


「これまで体内のMPやNPは

サイズが小さすぎて検出できなかったため

疾患との関連性も不明なままだった


しかし検査技術が確立すれば

原因不明の疾患の犯人が実はMPやNPだった

という事態も考えられる」


さまざまな疾患を防いで健康を守るためには

目に見えないMPをなるべく体に入れないように

暮らす必要がある。


東京をメインに再建築不可などの訳あり物件でも不動産全般買取りならホームコンシェルジュへ


----------------------------------------------------------------------

センチュリー21 ホームコンシェルジュ

住所:東京都東村山市萩山町3-20-28

電話番号:042-208-7000

----------------------------------------------------------------------