東京をメインに再建築不可などの訳あり物件でも不動産全般買取り

query_builder 2024/06/15
土地戸建てマンション訳あり物件相続

「胃薬を飲むと胃がんになる」

その驚きのメカニズムと「危険なクスリ」の名前


胃薬が胃がんの原因となるワケ

ではなぜ胃薬を飲み続けると、胃がんになってしまうのか。


主な原因は2つあるという。


「一つは、腸内細菌叢の変化


本来は殺菌されて胃や腸にはいないはずの

菌が胃に棲み着き、胃が荒れ、細胞ががん化する。


唾液などに含まれる口腔内常在菌は

ふつうは胃酸で殺菌されるので

胃や腸には棲み着くことができない


しかし、胃薬を飲んでいると

殺菌効果が弱まり

胃や腸に口腔内の細菌が多く留まってしまう。


なかでも

歯周病菌は胃がんのリスクを高めると報告されている


もう一つはホルモンに原因がある。


胃酸不足に陥ると

胃酸分泌を促すガストリンというホルモンが多く出ます。


PPIやP-CABを飲んでいる人の血液検査結果を見ると

飲んでいない人に比べて2~3倍もガストリン値が高い。


実はこのホルモンに胃の腫瘍化を招くリスクがあり

胃がんにつながっているとみられています


胃にとっては、一定量の胃酸が出ていることが自然な状態


長期にわたって胃酸を抑え続けると

不自然な状態が続き、思わぬ病をもたらす。


胃薬を飲んで胃酸を止め続けていると

手術で胃を切除した人と同じような状態になっている

と警告する。


  胃薬で骨折してしまう理由


こうした胃薬がもたらす病は

胃がんだけにとどまらず

さまざまな疾病の原因になっていることも

近年の研究からわかってきた。


特にPPIに関しては

認知症、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、腸管感染症

などのリスクが指摘されています。


まだ仮説段階ではあるが

世界中で同じような研究が行われていて

データも出始めている。


たとえば誤嚥性肺炎の場合は

胃酸で殺菌できなかった菌が逆流し

誤って気管に入ってしまい発症します。


腸管感染症もメカニズムは同じで

胃酸での殺菌が不十分であるがゆえに発症する

とりわけ危険視するのが

胃薬による骨折のリスクだ。


「PPIやP-CABにはさまざまなリスクが提示されているが

間違いなく上昇するのが骨折のリスクです。


胃酸が少ないとカルシウムの吸収が弱まり

骨折につながる可能性があります。


たとえば大腿骨の頸部骨折のリスクは


服用年数に比例して上がっていき、4年飲んでいると

1.59倍にもなります


胃の不調を整えるために胃薬を飲んでいたら

かえって胃がんなどの深刻な病気になる

この矛盾にはどう対処すればいいのか。


量を減らすのがいいという。

 あるいはクスリを変えてみるのも手だ。


PPIやP-CABよりは効果が弱い、H₂ブロッカー

に切り替えてみるのもいいでしょう。


いずれにせよ、毎日胃薬を飲まなければならない人は

内視鏡検査を定期的に受けることを強く勧めます


 別のクスリの副作用を抑える目的や

胃の調子が悪くなるからといって、胃薬を飲み続けていると、かえって悲劇を招くことになるかもしれない。


土地 戸建て マンション 訳あり物件 相続

東京 不動産買取 住み替え 離婚 査定 住宅ローン 事故物件 再建築不可 リースバック アパート 収益物件 即金買取


東京をメインに再建築不可などの訳あり物件でも不動産全般買取りならホームコンシェルジュへ


----------------------------------------------------------------------

センチュリー21 ホームコンシェルジュ

住所:東京都東村山市萩山町3-20-28

電話番号:042-208-7000

----------------------------------------------------------------------